英語の講師を四谷の予備校で選ぶ

苦手な分野が英語の場合、どのような予備校を選べばいいのでしょうか

苦手な分野が英語の場合、どのような予備校を選べばいいのでしょうかリスニング問題で点数を取るにはネイティブの講師の指導が有利文法に関しては、日本人の講師から学ぶようにした方がいい

四谷の予備校で学ぶのであれば、自分の苦手な分野を中心に学んでいく方がいいでしょう。
得意な分野に関しては無理に習いに行かなくても、自力で学習できるのであれば自宅で学ぶだけでも大丈夫です。
四谷の予備校に支払う費用を少なくするためには、苦手分野だけを選択して受けるようにした方が予算内での支払いですむかもしれません。
苦手な分野が英語の場合、どのような予備校を選べばいいのでしょうか。
英語の指導方法はそれぞれで、講師にも違いがあれば指導方法や考え方にも差があります。
外国人講師なのか、日本人講師なのかによっても大きく違うだけではなく、外国人講師の中でも日本語が通じる人もいれば日本語がほとんど通じないような人もいるでしょう。
どちらの講師がいいというわけではありませんが、どの様に学んでいきたいのかは講師の選び方で決まってくる部分もあります。
ネイティブな英語での指導を選びたい場合、外国人講師に指導を受ける方が発音などの面で、より正しく覚えていく事が出来るでしょう。
英語で必要なことは、文法だけではなく自分で発音する力や、耳で聞きとる力が必要になります。
耳で上手に聞き取ることが出来なければ、相手が言っていることを理解することが出来ませんので、試験の際のリスニング問題を理解することが出来ません。

予備校生のジョンハン pic.twitter.com/EZNjW18tYg

— ササキ (@polajangmi) 2019年4月15日