英語の講師を四谷の予備校で選ぶ

リスニング問題で点数を取るにはネイティブの講師の指導が有利

試験にはしばしばリスニング問題が出てくる事が多いので、ここで点数を稼ぐためにはネイティブの講師から指導を受けていた方が有利になります。
聞き取る力がつくかどうかは、普段からどのくらい耳で聞いているかが大事ですので、本格的な発音を耳にしていた方が正しい発音が聞き取りやすくなるのは間違いないでしょう。
耳で聞き取れるだけではなく、発音をする事も大事ですので、正しい発音になっているかは日本語がほとんど理解できないネイティブの講師の方が指導を受けやすくなります。
正しく発音が出来ていない場合、相手に聞き取ってもらうことが出来ませんので、会話が成立しにくくなってしまいます。
日本人にとっては発音がしにくいような言葉もいろいろありますので、そこをどう克服していくのかも大事です。
発音をする時の舌の使い方や息の吐き方などは、実際に見てみたり試してみる事でわかっていくようになる為、どれだけ聞き取ってもらえるようになるかも練習していくようにした方がいいでしょう。
外国人と英会話をする時には、文法が正しくなかったとしても、何とか会話が成立することもありますので、さほどこだわる必要はないともいえます。
自分が知っている単語だけでも、正しく発音することが出来れば、身振り手振りを交えながら会話をする事で相手に伝わることも多いです。
しかしいくらそれで会話が成立するとはいっても、試験の時にはそれでいいというわけではありません。
単語のみのテストの時にはいい成績が残せる可能性はありますが、文法に関する問題の時にはそれではいい成績を残すことは出来ないでしょう。
予備校では、文法に関してもしっかり指導を受けなくてはなりませんが、日本語がわからない講師からは指導を受けることは出来ません。

苦手な分野が英語の場合、どのような予備校を選べばいいのでしょうかリスニング問題で点数を取るにはネイティブの講師の指導が有利文法に関しては、日本人の講師から学ぶようにした方がいい